このブログはレターラの日常を書き留める日記です。ポケモン、音楽ゲーム、ニコニコ生放送の話題が中心です。毎週水曜日に定期ブログ更新。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼブライカ

■ゼブライカの基本データ
種族値 HP 75 攻撃 100 防御 63 特攻 80 特防 63 素早さ 116 合計497
タイプ でんき  とくせい でんきエンジン/ひらいしん
タイプ相性 ×2:じめん ×0.5:でんき/ひこう/はがね

■特徴と考察
発売前に紹介されたシママの進化ポケモン。

「すばやさ」種族値が"116"とサンダースに次ぐ「すばやさ」を誇ります。
特に、水ポケモン最速のフローゼル、スターミーを抜けるのがうれしいところ。

ただし、「こうげき」は"100"と物理アタッカーにしてはそれほど高くなく、
メインウェポンは「ワイルドボルト」と威力に物足りなさがあるため、決定力に問題があります。
さらに、サブウェポンは「オーバーヒート」「すてみタックル」と
威力はあるもののバリエーションに欠けているのも問題です。

とくせい「でんきエンジン」「ひらいしん」により、電気技を無効化することが出来ますが、
耐久が低いため、電気技ピンポイントで後出しする必要があります。


■型
とくせいは、「でんきエンジン」と「ひらいしん」の2つ。
どちらも、電気技を受けるとその技は無効化されるため、電気技ピンポイント読みで後出しすることは可能です。
特に「でんじは」が効かないのがうれしいところ。
「でんきエンジン」ならば「すばやさ」、「ひらいしん」ならば、「とくこう」が1段階上がります。

「でんきエンジン」の場合、もともと「すばやさ」が高いこのポケモンにとって、恩恵は薄いと
思いますが、クロバットやアギルダーやスカーフ型ポケモンを抜くことが出来ます。

一方、「ひらいしん」の場合、「とくこう」が1段階上がるので、「10まんボルト」「オーバーヒート」
の技がその恩恵を受けることになります。ただし、物理技がメインとなるため、「ひらいしん」もちの
ライボルトと比べると恩恵は低いといえます。

耐久の低さにより役割は期待できず、アタッカーに向いているといえます。

◇物理アタッカー型
ワイルドボルト、選択肢、選択肢、選択肢

物理受けとして利用されやすい水ポケモンへの役割破壊が可能になります。
防御特化シャワーズ、防御特化ミロカロスを確定2発、
「いのちのたま」を装備すれば、HP252ブルンゲルを確定1発、HP252エンペルトを乱数1発、防御特化スイクン、防御特化ヤドランを
確定2発で倒すことが出来ます。

全ての水タイプより「すばやさ」が勝っているのもうれしく、
水タイプに対しては優位に立つことが出来ます。

ただし、決定力に問題があり、サブウェポンは「オーバーヒート」「すてみタックル」と
かなり限られているため、ラグラージやガブリアスやドサイドンに交換される危険性があります。
また、「ワイルドボルト」による反動ダメージもあるため、使用回数も限られています。

補助技は「さきどり」「いやなおと」「でんじは」があります。
「さきどり」はラティオスの「りゅうせいぐん」やドサイドンの「じじん」など
電気技、炎技で弱点をつけないポケモンに対して利用できます。
「いやなおと」「でんじは」は交換読みとして使えます。

持ち物は、火力を上げる「いのちのたま」や「こだわりハチマキ」がおススメ。
メインウェポンは「ワイルドボルト」のため「きあいのたすき」はおススメしません。

努力値配分のベースとしては【こうげき252、すばやさ252】が基本。
ただし、「オーバーヒート」をサブウェポンとして入れる場合、
「とくこう」に努力値を振るのも手です。
「オーバーヒート」を利用する場合、性格は「せっかち」or「むじゃき」のようにがおススメです。

■技の選択肢
オーバーヒート:
草ポケモンをはじめとする広い範囲に対応できる優秀なサブウェポン。
ボルトチェンジと組み合わせれば撃ち逃げも可能です。

10まんボルト、かみなり:
ワイルドボルトの方が決定力はありますが、
反動ダメージが無いため、連発が可能となります。
「いのちのため」装備で特防252のママンボウを確定2発で倒せます。

ボルトチェンジ:
「とんぼがえり」に近い感覚で使えますが、
電気無効ポケモンにより交換が失敗する場合があるため注意。

めざめるパワー氷:
ボーマンダ、ガブリアス等、竜タイプの牽制になります。

めざめるパワー草:
ラグラージ、ヌオー等、水/地面タイプの牽制になります。

ニトロチャージ:
「すばやさ」を上げることができますが、威力が低く、
もとから「すばやさ」が高いこのポケモンにとって、この技の恩恵は低いといえます。

すてみタックル:
弱点はつけないものの、対電気ポケモンに対しては
有用性がある技です。

おんがえし:
デメリットが無い安定した技ですが、「すてみタックル」より威力が低いです。

おいうち:
スターミー、ゲンガーの交換読みとして使えます。
「いのちのたま」装備なら耐久無振りゲンガーを確定1発で倒せます。

でんこうせっか:
使用する機会は少ないですが、「きあいのたすき」「がんじょう」潰しになります。

さきどり:
竜タイプの「げきりん」「りゅうせいぐん」、バクーダ、メタグロス、ドサイドンの
「じしん」を読んで、返り撃ちにすることが出来ます。
読みが必要になりますが、決まれば、不利な相手でも優位に立つことができます。

いやなおと:
交換してきた物理受けのポケモンの耐久を下げることが出来ます。

でんじは:
交換読みとして使えますが、このポケモンは地面タイプを誘いやすいので注意。

訂正、意見等ございましたら、コメントの方よろしくお願いします。
スポンサーサイト

【2010/11/04 16:31】 | ポケモン育成論
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。